urban-205986_1920

システム開発会社の種類

システム業者さんといっても、実は様々な業態があります。

WEB制作会社 主にホームページ制作を受託する会社
派遣会社 SEやプログラマーなどの技術者を企業に派遣する会社
受託開発(業務系) 業務系のシステム開発をメインに受託開発を行う会社
受託開発(組み込み系) 装置などに組み込むアプリケーションをメインに開発を行う会社
パッケージ開発会社 パッケージ製品を主として開発し、販売する会社

いろいろな区分けの仕方がありますが、いくつかを上表にまとめています。

実体としては、複数の業態、例えば、受託開発とパッケージ開発の両方をおこなっている企業もありますし、その組み合わせはいろいろですが、自社のシステム開発を依頼する場合は、受託開発を請け負う開発業者が依頼の対象になります。

大きく分けると
ホームページ制作を行う場合は、WEB制作業者か受託開発業者へ
基幹システムや営業支援システムなどは、受託開発(業務系)の業者へ
WEBによる予約システムやEC(販売)サイトなどは、どちらでも対応可能な場合があります。企業の実績を参考にしてください。

自社にシステム部門があり、自社開発をする場合には、開発要員を派遣会社にお願いし、自社で製作することもできます。

受託開発(業務系)はさらに以下のような分野に分類できます。

汎用(メインフレーム)系 金融機関など、大型のコンピューターでの処理を得意とする企業。As400などの大型汎用機での開発をおこなう
オープンシステム系 WindowsやUNIXなどパソコン上のOSの下で動作する環境でサーバー・クライアント構成でアプリケーションを構築します。

メインフレームは金融、交通機関、大手メーカーなどでの導入が多く、中小企業を対象としたシステム構築においては、オープンシステム系の経験がある企業が主に開発を請け負うことが多いです。

The following two tabs change content below.

田邉弘美(たなべひろみ)

メーカーのプログラマーを経て27歳で独立起業。数々多くの企業のシステム構築を手掛けてきました。得意な分野は基幹システムや営業支援、顧客管理など社内業務のシステム構築。プロジェクトでは、主にお客様の要望整理や業務改善などのコンサル部分を担当。私の無理難題も難なくこなす頼もしいスタッフ(技術者)に囲まれ、奮闘の毎日を送っています。

最新記事 by 田邉弘美(たなべひろみ) (全て見る)