機能

シンプルな機能-
でも、組合せて活用することで確実な成果を生み出す仕組みがここにあります。

followup-CRMは、顧客管理(CRM)と営業戦略ソフト(SFA)を兼ね備えています。
販売戦略・営業活動・アフターセールスなど、部門をまたがった企業の統一ツールとしてお使いいただくことができます。

 

function

アプローチ(顧客への積極的な働きかけ)

function_aproch

見込み客を育てるためには、タイミングや適した資料・情報を選んで接触頻度を増やしていくことが大切です。
そのために、顧客の状態がきちんと整理ができ、時系列でその状況を分析することができる機能を用意しました。
販促ツールと連動して顧客データを有効活用することで、あなたの会社にもっとも有効なパターンを見つけていきます。

  • TODO
    顧客フォローアップの予定や問い合わせへの回答など、あらかじめ「やらなければならないこと」を設定するのが、TODO機能です。 もちろん、手動で設定することもできますが、AUTO TODO機能を使えば、誰でもあらかじめ決められたアプローチ・ルールに従ったお客様へのアプローチを実施することができます。
  • 販促活動
    キャンペーンやイベントなどのアプローチ対象者の抽出から、DM.メールの一括発送用のCSV出力、TELコールリストの出力などができます。 対象者の抽出は、顧客のステータスや案件のステップ、過去のイベント参加者から選ぶなどさまざまな抽出条件に加え、過去のキャンペーンのお客様を対象にするなど、柔軟な抽出機能を用意しています。 フォローアップ後は、アプローチ履歴を自動生成し、それぞれのお客様情報に一括更新することができます。
  • メール
    あらかじめよく利用するメールテンプレートを雛形として設定しておくことで、それぞれのシーンに合わせて、効果的に運用することができます。 メールも大切なお客様とのコミュニケーションツールです。定型文を活用しながら、誰でも素早く対応できる環境ができます。
  • 履歴
    TELや商談、接客などのお客様との接点情報を記録することで、いつ、誰がどのような対応をしているのかの情報を共有することができます。 担当者でなくても、今までの経緯を把握したうえで、お客様に対応できる体制を作り上げることが顧客満足度の向上のために、大切な仕組みになります。

フォローアップ(的確に計算されたフォローアップ)

function_follow

個別の案件情報も営業ステップを管理しながら、進捗を記録することができます。
顧客データと連動した案件管理なら、SFA(営業戦略ツール)としても有効な情報となります。
案件情報を使って、将来の売上予測まで見えるから、毎週の営業会議資料にも活用することができます。

  • 案件管理
    販売やサービス、見積や案件情報などの概算金額や成約時期を管理することができます。管理した情報を元に、案件確度別の受注予測金額を参照したり、営業ステップと組み合わせて進捗管理をすることができます。
  • 営業ステップ
    初回訪問、見積提示、内示、受注、納品など個別の案件や顧客に対しての進捗状況をステップとして管理することができます。また、AUTO・TODO機能と連動させることで、ステップの到達と連動して、やるべきことを自動で生成させることにより、確実なフォローが実行できるようになります。
  • お知らせ機能
    TODOに対するコメントや、実施日を変更した場合にお知らせに通知するなど、お客様に関する情報を共有するための機能を備えています。 複数の担当者で、活動内容をリアルタイムに共有することができます。
  • カレンダー
    TODOや販促活動、個別の予定情報をカレンダー形式で管理します。担当者別/全員など表示を切り替えることでスタッフ全員のスケジュールを把握することができます。

 履歴・保存(すべての接点を記録する)

function._save

日々の営業活動と合わせて、キャンペーンなどの販促活動でも顧客データの活用の仕方で大きく成果が変わってきます。
多数の顧客にいっきにアプローチするよりも、小さな販促活動で繰り返しアプローチしたほうが費用対効果を最大限に活かせる販促ができます。対象者の選定、フォロー手段など、繰り返し経験値をつみながら、販売力強化をめざしていきます。

  • TIMELINE
    TIMELINE機能では、時系列にお客様とのやりとりや、営業担当からのアプローチ、イベント参加履歴なとを参照することができます。過去、どのような接点があったのかをしっかりと共有し、One to Oneのサービスを実現するために共有したい情報を共有することができます。
  • ステップ管理SUBJECT
    お客様の案件ごとに、そのステップを管理することができます。 資料請求から、商談、見積提示など、営業ステップとしての記録を残すとともに、ステップ別にお客様を抽出して、フォローするなどのアクションも実施することができます。
  • DOCUMENT
    見積書や契約書、お客様からの受領資料など、個別の担当者管理になっていませんか?followupCRMは、お客様に紐づけた情報として、ドキュメント(ファイル)を管理することができます。 サーバーで一元管理し、必要なときに参照する。 チームでの情報共有を実現する機能です。

 分析(リアルタイムに状況を知る)

function_analisys

現在の顧客情報、営業活動、案件などをもとにリアルタイムにグラフを表示する機能を搭載しています。
期間ごとに比較したり、グループ別に進捗をグラフ表示するなど、状況を可視化し、共有するためにお役立ていただけます。

  • 顧客情報分析
    顧客をセグメント単位に区分し、どのセグメントにどのくらいの顧客が存在しているのか、今、必要なアプローチはどのセグメントなのか、目標と比較しながら今の状況を分析し、次のアプローチを考えることができます。
  • 案件分析
    顧客ごとの案件、営業ステップなどを基に、営業アプローチの実績の全体像や将来の受注見込み額/件数を把握することができます。 また、期間比較を参照することで、活動の効果や進捗状況などをリアルタイムに計測することができます。
  • 活動・問合わせ分析
    訪問やTELコールなど、フォローの実施状況をグラフ化します。活動内容をマスタ化することで、どのような問合わせが多いか、訪問活動の中で、どの種類のアプローチができているか、などをグループ単位・またはスタッフ別に分析することができます。
  • 販促活動分析
    販促活動対象者や実施者、活動の結果の成約数など、個別の販促活動ごとにその成果を分析することができます。

独自のCRMを構築したい、カスタマイズや自社サーバーでの運用を行いたい、などのご要望も請けたまっております。
既存のパッケージを流用することで、スピーディに、かつ費用を抑えた導入が可能になります。
導入後の保守・メンテナンスなどのサポート体制も整っております。
ご質問、ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせください。